メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

飛翔体発射 複数、70~200キロ飛行

 【ソウル堀山明子】韓国軍合同参謀本部は4日、北朝鮮が午前9時6~27分ごろ、東部の江原道(カンウォンド)元山(ウォンサン)付近から日本海に向けて飛翔(ひしょう)体を数発発射し、70~200キロ飛行したと発表した。飛翔体は元山から北へ約30キロ離れた虎島(ホド)半島一帯から北東方向に発射されたという。

 聯合ニュースは、韓国軍関係者の「弾道ミサイルではない」との見方を報じている。新型ロケット砲との見方も出ているが、発射された数発の飛距離が大きく違うことから複数種が発射された可能性もあるという。日米韓の軍事当局は連携して分析を続けている。

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです