メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

日本の貿易交渉戦略 「専守」外交、転換の時=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

=宮本明登撮影

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 第二次世界大戦後、我が国は、安全保障面では専守防衛に徹してきた。厳密に言えば、基地の提供という形とはいえ、米軍への協力を通じて、日本がベトナム戦争やイラク戦争などでの米軍の「侵略的」行為に加担した面をどう考えるかという問題はあるが、ここではそれはおく。

 同時に、日本の経済貿易外交もほとんど「専守」に傾いてきた。それは、経済貿易交渉において、相手側の要…

この記事は有料記事です。

残り1549文字(全文1750文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです