連載

時代の風

各界の文化人が、それぞれの視点で混迷する時代を読み解きます。

連載一覧

時代の風

日本の貿易交渉戦略 「専守」外交、転換の時=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=宮本明登撮影
=宮本明登撮影

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 第二次世界大戦後、我が国は、安全保障面では専守防衛に徹してきた。厳密に言えば、基地の提供という形とはいえ、米軍への協力を通じて、日本がベトナム戦争やイラク戦争などでの米軍の「侵略的」行為に加担した面をどう考えるかという問題はあるが、ここではそれはおく。

 同時に、日本の経済貿易外交もほとんど「専守」に傾いてきた。それは、経済貿易交渉において、相手側の要求を基本的には是認して、日本側がそれに「対応」するという姿勢を意味していた。

この記事は有料記事です。

残り1511文字(全文1750文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集