メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019欧州の選択

独社民党の苦悩/5 労働者の党「エリート」化

介護士からドイツ連邦議会議員になった社民党選出のクラウディア・モル氏=ベルリンの独連邦議会で2月、ザンドラ・ベルケ撮影

 ドイツ社民党のクラウディア・モル連邦議会(下院)議員(50)。西部アーヘン近郊出身の彼女は約30年間、高齢者介護士を務めた後、2017年秋の総選挙に立候補し、初当選した。社民党議員の仲間入りを果たしたモル氏だが、そこで目にしたのは「大卒ばかりで健全なバランスを欠いた」議員構成だった。

 独最古の国政政党である社民党は「労働者の党」として成長してきた。その起源は、1863年に社会主義者フェルディナント・ラッサールが設立した「全ドイツ労働者協会」。ラッサールは共産主義を体系付けたカール・マルクスとも交流したが、革命を志向したマルクスとは異なり、既存の政治体系の下で労働者の地位向上を目指した。

 「党として掲げた全ての目標を達成した」。歴史家のマンフレット・シャーラーさん(74)は社民党が戦後…

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 広島の鈴木と新体操元五輪代表の畠山さんが結婚へ「力合わせ共に歩む」

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです