メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
将棋

第77期名人戦七番勝負 挑戦者・豊島将之王位-佐藤天彦名人 指し直し第1局の4

ソフト推奨と自分の感覚 観戦記・上地隆蔵

 角交換して[後]8六歩と垂らした局面がテーマ。[先]澤田真吾六段-[後]永瀬拓矢七段戦は[先]2二歩を利かしてから[先]6五桂。[先]広瀬章人八段-[後]羽生善治竜王戦(肩書は当時)は単に[先]6五桂だった。

 豊島は2分の短い考慮で[先]8八歩。8筋のタタキなどの味が消えてしまうが、あっさり打った。前例2局を精査し、[後]8七歩成を許してはいけないとの判断だろう。

 ここ数年の豊島は、研究会やVS(1対1の研究会)を行わず、ソフト主体の独自研究に移行したと聞く。そ…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文654文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

  5. らっこ・アーティスト Chage でこぼこ道でも未来へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです