メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

大竹文雄・評 『平成の経済』=小峰隆夫・著

 (日本経済新聞出版社・1944円)

政策決定動かす世論の力

 平成が終わり令和の時代になった。社会や経済の動きが元号に左右されるわけではない。しかし、1989年1月から2019年4月までの平成の30年間というのは、経済の側面からみると興味深い期間と対応するのは事実だ。1989年4月に消費税が導入され、年末には株価の日経平均が3万8915円を記録した。この後暴落していき、現在まで株価はこのときの値にはるかに及ばない状況が続いている。

 平成時代は、バブルの崩壊と不良債権問題、アジア通貨危機と金融危機、デフレの進行、人口減少社会への突…

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1432文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです