メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決
今週の本棚

『韓めし政治学』=黒田勝弘・著

 ◆『韓(から)めし政治学』

 (角川新書・929円)

 食をネタにした韓国政治・文化論のエッセー。産経新聞客員論説委員の著となれば、事情を知らない今どきの読者は、単なる嫌韓本を想像するかもしれない。実際、韓国で「日本の代表的極右新聞」の「妄言製造機」と、ののしられもする著者だ。にもかかわらず、約40年間、かの国で保革の政治家から実業家、市井の人々にまで人脈を広げてきた。その理由が分かるような一冊だ。

 「朴槿恵と独り飯」「ビビンバと慰安婦」「金正恩の冷麺」など、「食と政治」が主なお題だが、何よりも著者の実体験に興味をそそられる。盧武鉉政権から贈られたお米をコラムで褒めたら逆に怒られた話、韓国マスコミにケーキを差し入れて「(政治的)考えは違うけど感謝します」と言われた話……。相手の思考に皮肉で応じつつ、彼らへの愛情も隠さない。「筆者も含め韓国人は」と、書き間違えたくだりさえあり、韓国人に見えにく…

この記事は有料記事です。

残り104文字(全文504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです