メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『韓めし政治学』=黒田勝弘・著

 ◆『韓(から)めし政治学』

 (角川新書・929円)

 食をネタにした韓国政治・文化論のエッセー。産経新聞客員論説委員の著となれば、事情を知らない今どきの読者は、単なる嫌韓本を想像するかもしれない。実際、韓国で「日本の代表的極右新聞」の「妄言製造機」と、ののしられもする著者だ。にもかかわらず、約40年間、かの国で保革の政治家から実業家、市井の人々にまで人脈を広げてきた。その理由が分かるような一冊だ。

 「朴槿恵と独り飯」「ビビンバと慰安婦」「金正恩の冷麺」など、「食と政治」が主なお題だが、何よりも著…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文504文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです