メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

橋爪大三郎・評 『社会学史』=大澤真幸・著

 (講談社現代新書・1512円)

社会を思考するスリル存分に

 デュルケーム、ジンメル、ヴェーバーら定番の大学者から、グロティウス、ホッブズ、ルソーら社会学の前史にあたる人びと、超大物のマルクス、フロイト、さらにはフーコー、ルーマンら現代の理論家まで、知の山脈の全貌を明らかにする本格的で正統な社会学史の登場だ。

 本書の特長は第一に、学者のそれぞれの独創の核心を的確に掴(つか)み切っていること。第二に彼らがそう考える必然を、自在な筆致で読者に追体験させてくれること。第三に、彼らの仕事が合わさって近代社会の全体を包む大きな図柄になるさまを、描き出していること。文章も平易で、満点の出来栄えである。

この記事は有料記事です。

残り1183文字(全文1480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 豊島区女性不明 栃木で遺体の一部発見 29歳を死体遺棄容疑で逮捕へ

  2. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  3. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  4. 清原和博さんが野球教室 「自分なりに発信したい」公式チャンネル開設に意欲

  5. はやぶさ2カプセル、大気圏突入 豪上空に火球観測 JAXAチーム回収へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです