メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

村上陽一郎・評 『内村鑑三 その聖書読解と危機の時代』=関根清三・著

 (筑摩選書・1944円)

内村に寄せる温かい眼差し

 二代に亘(わた)る聖書神学の大家が、父君ゆかりの対象と取り組んだ浩瀚(こうかん)な大作である。悪かろうはずはない。しかし、読む前、実は一抹の危惧はあった。何せ著者は(あるいは「著者も」かしら)、国際的な盛名を馳(は)せる聖書学の碩学(せきがく)である。心情的にのみ傾倒している評子とは違って、内村の信仰には学問的に大きな批判もあるのではないか。もともと内村の生きた時代においてさえ、また一度は内村に従った人々の間にさえ、批判を抱いて離れた人も多く、より広い世界からの批判者はもっと多数に上った。

 その頃に比べて、現代神学は、文献学的な場面に限っても、多くの新しい成果が積み重ねられてきた。そうした立場からの、内村への批判は、特に著者のような専門家にとって、あって当然だろうし、実際、そういう種類の批判は、現代に目立ってもいる。しかし、評子の「危惧」は杞憂(きゆう)に終わった。著者の内村への眼差(まなざ)しは根本的に温かい。無論批判はある。しかし、著者は「批判」という一般用語と「クリティーク」…

この記事は有料記事です。

残り1648文字(全文2121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです