プロ野球

広島・緒方監督がリプレー検証に異議を唱え退場

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 広島の緒方孝市監督(50)が4日、広島-巨人7回戦(マツダ)でリプレー検証の判定に異議を唱えたとして、退場処分となった。映像によるリプレー検証を求めることができる「リクエスト制度」が昨季に導入されてから、同様の理由で監督が退場となるのは初。

 一回1死、遊ゴロ失策で出塁した菊池涼が、接触しかけた一塁…

この記事は有料記事です。

残り82文字(全文232文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集