メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

コレット 苦悩抱え欲求に生きる 広がりある性格描写

 芸術の作り手は男に決まっている、女性の手になる作品は認められることがない。まさに偏見そのものですが、ブロンテ3姉妹が男のようなペンネームを使って作品を発表したのはそんな偏見の中のことでした。当初、「ジェーン・エア」や「嵐が丘」の著者が女性だとは分からなかったんです。

 「青い麦」や「ジジ」で知られるフランスの作家コレットの経験はもっとひどいものでした。小説を書いたのは自分なのに、夫の名義で出版されたんです。やがては自分の名前で作品を発表することになりますが、これはその前の時期、「学校のクローディーヌ」をはじめとする連作で成功を収めながらも、それが自分の小説だとは言えなかった時代のコレットを描いた作品です。

 フランスの地方で育ったシドニー・ガブリエル・コレットは14歳年上の人気作家のウィリーと結婚し、パリ…

この記事は有料記事です。

残り1311文字(全文1667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです