メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「戦争も性病もない時代に」 大正から令和、4時代を生きる100歳医師

大正生まれで、昭和、平成と70年診察を続ける西尾吉兵衛さん=鳥取市富安で、阿部絢美撮影

 大正時代に生まれ、昭和、平成と皮膚・泌尿器科医として70年以上、診療を続けた医師が今も鳥取市で現役として活躍する。大正7(1918)年生まれの100歳、西尾吉兵衛(きちひょうえ)さん。戦後の混乱期から一貫して性病に苦しむ人たちを救い、「令和」という新時代に「戦争もなく、性病がはやらない平和な時代に」と願う。

 旧東京歯科医学専門学校(東京歯科大)を卒業し、戦時中の1940年代前半に歯科医院を開業させた。各地で戦況が厳しくなるにつれ医師不足が深刻化すると国は、歯科医を旧制医学専門学校に編入させたり、受験資格を緩めたりして人材確保に躍起になった。西尾さんも旧米子医専(鳥取大医学部)=鳥取県米子市=で学び直した。

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  3. プラットフォーマー虚偽表示に販売停止要請 消費者保護法案

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. #自助といわれても 町から届いた冷酷な順序 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです