子供の成長願い泣き相撲 広島護国神社

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「広島泣き相撲」で元気よく泣く子供たち=広島市中区で2019年5月5日午前11時49分、望月亮一撮影
「広島泣き相撲」で元気よく泣く子供たち=広島市中区で2019年5月5日午前11時49分、望月亮一撮影

 こどもの日の5日、広島市中区の広島護国神社で、子供の成長や健康を祈願する「広島泣き相撲」があった。生後6カ月から1歳半までの男女900人が、法被と鉢巻き姿で元気いっぱいに泣き顔を披露した。

 約1分間の制限時間内に、土俵の上で先に泣いた方が勝ちとなる。行司役が顔を近づけ「はっけよい、のこった」と声を…

この記事は有料記事です。

残り71文字(全文221文字)

あわせて読みたい

ニュース特集