障害者スポーツ「サイバスロン」日本で初開催 電動車いす部門、慶大チーム3位に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 最先端技術を駆使した車いすや義足などハイテク補助装置を使ってスピードやスキルを争う障害者のための競技大会「サイバスロン」の電動車いす部門が5日、日本で初めて川崎市で開催された。大会には4カ国・地域から8チームが出場し、慶大チームが日本勢最高の3位で、優勝はスイスチームだった。

 サイバスロンは、障害者の社会参加を促すことを目的に、2016年にスイスで始まっ…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集