東レ救った兄・祐希思わせる石川のスパイク 黒鷲旗バレー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東レ-JT】第1セット、スパイクを放つ東レの石川真佑=丸善インテックアリーナ大阪で2019年5月5日、猪飼健史撮影
【東レ-JT】第1セット、スパイクを放つ東レの石川真佑=丸善インテックアリーナ大阪で2019年5月5日、猪飼健史撮影

黒鷲旗バレー第5日(5日・丸善インテックアリーナ大阪=大阪市中央体育館)

 女子の東レを日本代表の18歳・石川真佑が救った。第1セットを失い、第2セットも11―15と劣勢だったが、自身のスパイクを連続で決めるなどで追い上げ、このセットを奪取。その後はエースのクランが復調するなど、チーム全体が勢いづいた…

この記事は有料記事です。

残り97文字(全文247文字)

あわせて読みたい

注目の特集