メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近江八幡の火祭り

篠田の花火 「和火」夜空彩る /滋賀

上皇ご夫妻への感謝と天皇陛下への祝意を図案にした「和火」=滋賀県近江八幡市上田町の篠田神社で、蓮見新也撮影

 国選択無形民俗文化財「近江八幡の火祭り」を締めくくる「篠田の花火」が4日夜、近江八幡市上田町の篠田神社であった。他に類のない仕掛け花火の「和火」が夜空を彩ると、見物客が盛んに写真を撮影していた。

 鉄砲の火薬製造に携わった氏子が江戸時代に花火を奉納したのが起源とされ、氏子からなる「篠田の花火保存会」が技能を継承している。和火は硫黄などを練り合わせた…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 太陽の塔、20日から光のイベント 8月25日まで
  5. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです