メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和へ駆ける

子ども対策 「心配ごと教えて」 連休明け、心身不調訴えてきたら /兵庫

悩みを抱える子どもへの接し方について語る県心の教育総合センターの松本剛所長=兵庫県加東市内で、反橋希美撮影

 10日間にわたる大型連休も終わりが見えてきた。大人も新生活の疲れがたまって心身の不調を感じる「五月病」が不安になる時期だが、連休の長期化で学校に行きにくくなる子どももいる。親はどう接するのがよいか。県心の教育総合センター所長の松本剛・兵庫教育大教授(臨床心理学)に対処法を聞いた。【反橋希美】

--連休明け、子どもにはどんな心の変化がありますか。

 ◆新しい環境で1カ月弱、緊張しながら頑張って学校に行っていた子どもが連休中にホッとして、家の方が居…

この記事は有料記事です。

残り892文字(全文1115文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  3. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  4. 「通学バス、給食の手配が間に合わない」休校や短縮授業の学校も 拳銃強奪
  5. 「おとなしくて真面目な印象。トラブルや苦情ない」東京の容疑者自宅マンション管理人 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです