メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

ホーランエンヤってどんな祭り? /島根

10年前のホーランエンヤから。鮮やかに装飾され、大橋川をいろどる船団=松江市で2009年5月16日、小川昌宏撮影

松江・大橋川で10年に1度、豊作祈る神事 櫂伝馬船など130隻、行き来

 松江市を南北に分ける大橋川で18日から26日までの9日間、10年に1回の船神事「ホーランエンヤ」が開かれる。色鮮やかに飾った「櫂伝馬船(かいでんません)」が行き来する豪華絢爛(けんらん)な神事の意味や由来をなるほドリとたどる。

 なるほドリ 何のお祭りなの?

 記者 正式には「松江城山稲荷神社式年神幸祭(じょうざんいなりじんじゃしきねんしんこうさい)」。五穀…

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1115文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです