メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あすを見つめて

地域おこし協力隊発足10年/4 田んぼアートに挑戦 安芸高田・沖田政幸さん /広島

岡山県美作市の棚田再生プロジェクトに携わった沖田政幸さんは、「ここも昔は辺り一面に棚田が広がっていた」と話す=広島県安芸高田市美土里町生田で、元田禎撮影

棚田再生が活動の原点

 「好きなことをして好きな物も食べて、生活に不満はなかった。でも、30代後半になって『これでええんかなあ』と考えるようになった。そんな時、棚田再生プロジェクトで有名な岡山県美作市に行く機会があった」。今春、安芸高田市の地域おこし協力隊3年目を迎えた沖田政幸さん(42)=広島市出身=は、5年前の記憶をたどる。

 後に結婚する妻はテレビ局のキャスターで、番組のネタ探しのため美作市を一緒に訪ねた。同市上山には、か…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1092文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです