メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慢性疲労症候群

患者の訴え 激しいめまい、全身痛、歩行、会話にも影響… 理解されず孤独感

厚生労働省などの担当者に対し、慢性疲労症候群の診療体制強化を訴える石川真紀さん(奥中央)=東京都千代田区の衆議院第二議員会館で、谷田朋美撮影

団体設立、窓口など国に要望

 日常生活が困難なほどの疲労などが半年以上続く「慢性疲労症候群」。重症だと寝たきりになるが、「怠けているのでは」と誤解され、孤立する患者も少なくない。近年は「筋痛性脳脊髄(きんつうせいのうせきずい)炎(ME)・慢性疲労症候群(CFS)」と呼ばれるようになり研究も進む。しかし明確な原因は分かっておらず、患者の苦悩は続いている。【谷田朋美】

この記事は有料記事です。

残り2317文字(全文2499文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 梶裕貴さんと竹達彩奈さんによる結婚発表メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです