メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慢性疲労症候群

患者の訴え 関西福祉科学大・倉恒弘彦教授(内科、疲労科学)の話

原因不明、治療法なく 関西福祉科学大・倉恒弘彦教授(内科、疲労科学)の話

 この病気の理解は進んでおらず、精神疾患などとみなされて適切に対処してもらっていない患者が少なくないと思われる。

 日本では1991年、厚生省(当時)の研究班が発足して調査・研究を始めたが、原因を特定できずに解散している。今も詳し…

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです