慢性疲労症候群

患者の訴え 関西福祉科学大・倉恒弘彦教授(内科、疲労科学)の話

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

原因不明、治療法なく 関西福祉科学大・倉恒弘彦教授(内科、疲労科学)の話

 この病気の理解は進んでおらず、精神疾患などとみなされて適切に対処してもらっていない患者が少なくないと思われる。

 日本では1991年、厚生省(当時)の研究班が発足して調査・研究を始めたが、原因を特定できずに解散している。今も詳し…

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文265文字)

あわせて読みたい

注目の特集