メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「オピオイド禍」 薬のため全て売り、盗んだ 母依存、乳児も

生まれながらの薬物依存症で、スミス家の養子となった子供たち=米ウェストバージニア州リプリーで

 米国では薬物の過剰摂取による死者数が増え続け、1999年以降の合計で70万人を超えた。合法的に処方されたオピオイド(麻薬性)鎮痛剤の依存者が違法薬物にも手を出すようになり、依存が深刻化したのが要因だ。依存症の母親の胎内で薬物を摂取してしまう「生まれながらの依存症」の子供も急増。薬物汚染国家・米国を象徴する「オピオイド禍」の実態を追った。【ハンティントン(米南部ウェストバージニア州)で國枝すみれ】

 「薬を買うためウソをつき、全ての物を売り、盗みもした。罪悪感は薬を使うと忘れた。薬が切れると罪悪感が戻り、使った」。南部ウェストバージニア州第2の都市ハンティントンの飲食店で会ったジェス・マーフィーさん(36)は告白した。

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1335文字)

國枝すみれ

1991年入社。英字新聞毎日デイリーニューズ編集部、西部本社福岡総局で警察担当記者、ロサンゼルス支局、メキシコ支局、ニューヨーク特派員を経て、2019年10月から統合デジタル取材センター。05年、長崎への原爆投下後に現地入りした米国人記者が書いたルポを60年ぶりに発見して報道し、ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです