メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外センバツ21世紀枠は帯広農、磐城、平田の3校
北朝鮮

飛翔体発射 米朝交渉にらみ、けん制 有利に導く思惑か

 北朝鮮が今回新型の短距離弾道ミサイル(SRBM)とみられる兵器の発射を公開した背景には、米韓を軍事的にけん制すると同時に、危機感を高めることで米朝交渉を有利に導きたいとの思惑もあるとみられる。北朝鮮メディアは繰り返し、3~4月の米韓合同演習への批判を続けており、米朝協議の行方や今夏に予定される米韓演習の状況によっては、さらに「挑発」の水準を高める懸念も出ている。

 朝鮮中央通信によると、軍の砲撃訓練を視察した金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は4日、成果を…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです