メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

飛翔体発射 米朝交渉にらみ、けん制 有利に導く思惑か

 北朝鮮が今回新型の短距離弾道ミサイル(SRBM)とみられる兵器の発射を公開した背景には、米韓を軍事的にけん制すると同時に、危機感を高めることで米朝交渉を有利に導きたいとの思惑もあるとみられる。北朝鮮メディアは繰り返し、3~4月の米韓合同演習への批判を続けており、米朝協議の行方や今夏に予定される米韓演習の状況によっては、さらに「挑発」の水準を高める懸念も出ている。

 朝鮮中央通信によると、軍の砲撃訓練を視察した金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は4日、成果を…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文786文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです