メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

権力追った児玉隆也氏 圧力はね返す精密な取材

退院後の検診のため1975年4月3日、国立がんセンターを訪れた児玉氏。回復したように見えたが5月22日に死去した

 雑誌記事が政権を倒したことがある。月刊誌「文芸春秋」1974年11月号(10月9日発売)に載った立花隆氏の「田中角栄研究--その金脈と人脈」と、児玉隆也氏の「淋(さび)しき越山会の女王」である。新聞はすぐ後追いしなかったが、影響はじわりと広がり、田中角栄首相は11月11日の内閣改造の末、同月26日に退陣表明に追い込まれた。雑誌発売の1カ月半後だった。

 児玉氏の原稿は、田中首相の「金庫番」として年間20億円もの政治資金を動かしていた佐藤昭(あき)秘書…

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1479文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです