メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

権力追った児玉隆也氏 圧力はね返す精密な取材

退院後の検診のため1975年4月3日、国立がんセンターを訪れた児玉氏。回復したように見えたが5月22日に死去した

 雑誌記事が政権を倒したことがある。月刊誌「文芸春秋」1974年11月号(10月9日発売)に載った立花隆氏の「田中角栄研究--その金脈と人脈」と、児玉隆也氏の「淋(さび)しき越山会の女王」である。新聞はすぐ後追いしなかったが、影響はじわりと広がり、田中角栄首相は11月11日の内閣改造の末、同月26日に退陣表明に追い込まれた。雑誌発売の1カ月半後だった。

 児玉氏の原稿は、田中首相の「金庫番」として年間20億円もの政治資金を動かしていた佐藤昭(あき)秘書…

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです