メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

権力追った児玉隆也氏 圧力はね返す精密な取材

退院後の検診のため1975年4月3日、国立がんセンターを訪れた児玉氏。回復したように見えたが5月22日に死去した

 雑誌記事が政権を倒したことがある。月刊誌「文芸春秋」1974年11月号(10月9日発売)に載った立花隆氏の「田中角栄研究--その金脈と人脈」と、児玉隆也氏の「淋(さび)しき越山会の女王」である。新聞はすぐ後追いしなかったが、影響はじわりと広がり、田中角栄首相は11月11日の内閣改造の末、同月26日に退陣表明に追い込まれた。雑誌発売の1カ月半後だった。

 児玉氏の原稿は、田中首相の「金庫番」として年間20億円もの政治資金を動かしていた佐藤昭(あき)秘書…

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1479文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです