メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニのスタジオで爆発 けが人多数か
障害者虐殺

ナチスによる「T4作戦」 現地取材の本が好評

ナチス・ドイツの障害者虐殺を紹介した「わたしで最後にして」を手にする藤井克徳さん=東京都中野区のきょうされん事務局で

 ナチス・ドイツによる障害者虐殺「T4作戦」が実施された現地を取材し、欧米の優生政策や日本の旧優生保護法など今に至る障害者差別を問う「わたしで最後にして ナチスの障害者虐殺と優生思想」(合同出版)が版を重ねている。日本障害者協議会代表を務める視覚障害者の藤井克徳さんの著書で、優生思想に立ち向かう社会をたぐり寄せるための一冊だ。

 T4作戦は優生思想に基づき行われた障害者の安楽死政策。1939年に始まり41年に中止されたが、虐殺…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文746文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 公取委、ジャニーズ注意 芸能界監視を強化 芸能人と所属事務所の契約トラブル相次ぎ
  2. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  3. ORICON NEWS 芦田愛菜、年間100冊以上読破も「読書が芝居に役立ったことない」 女優論展開で「自由な想像」重視
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです