メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

弱点克服した心理学の勉強=心理学者・植木理恵さん

植木理恵さん=東京都千代田区で2019年4月30日、山下浩一撮影

植木理恵(うえき・りえ)さん

 1日に元号が令和になりましたが、私の小学生時代は「昭和」でした。小学校1年生の担任が印象的です。当時58歳の男性教諭。学級の目標が「賢い子になろう」で、何度も「実るほどこうべを垂れる稲穂かな」と唱和しました。絵に描いたような前時代的で抽象的な目標でした。

 今の小学校はもっと具体的な目標を立てているのでしょう。けれど、次第に先生が「人に優しくできるか」「反省して次に生かせるか」と伝えたいと分かるようになり、目標は「コミュニケーションを大切に」という趣旨と理解しました。おかげで友だちがたくさん増え、感謝しています。中学校、高校で生徒会長を務めることもできました。

 学習の面では弱点を抱えていました。中学校のテストで「問1」が解けないと、「問2」を解こうと思えない…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文1004文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ジョンソン前外相が英保守党新党首に 24日に首相就任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです