メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

想いをぶつけ合った後、共に歩む=河瀬直美

ロケ地にて=河瀬さん提供

 新作の撮影をしている。今回の映画は全国6カ所のロケ地で2カ月に及ぶ撮影という大作だ。出演者の数も過去最高で30人を超えている。とはいえ、少数スタッフでの撮影の仕方に変わりなく、それは河瀬組のこだわりでもある。

 オリンピックの公式映画監督に就任し、メディアで取り上げられることも増えたおかげか、奈良だけでなく、全国的に「河瀬」の名前を覚えていただいて撮影に協力してくださる方が好意的でありがたい。その地域に生きている方々の姿や風土を映画の中に存在させることはわたしの映画の特徴でもある。それは、このように地元の方々の協力なくしては成立しない。今回の映画においても地域の人々との交流がわたしに多くの恵みをもたらしてくれている。

 18歳の時に映画創りを始め、今年で30年を超えた。「平成」と共に駆け抜けた創作の時間。今作は「令和…

この記事は有料記事です。

残り1277文字(全文1639文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです