メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

校内外の活動、生徒自ら入力 22年度電子化、内申書と連動目指す

教員の説明を聞きながらサイトに活動記録を入力する生徒たち=東京都立町田高校で2019年1月、伊澤拓也撮影

 <kyoiku no mado>

 高校生の「学ぶ態度」をどう評価するか--。2020年度に始まる大学入学共通テストは、知識だけを問わず、思考力や主体性、協調性など「学力の3要素」での多面的評価へと様変わりする。それに伴い、22年度には調査書(内申書)が電子化される見通しだ。教員が調査書に記載してきた校内外の活動を生徒自らがインターネットのサイトに登録する仕組みも構築し、調査書との連動を目指す。一方、客観的な評価が難しい項目をどう点数化するのかといった課題も多く残されている。【伊澤拓也】

この記事は有料記事です。

残り1560文字(全文1806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです