メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 復興へ歩む杷木小学校/2 豪雨の日、心に刻み

新学期最初の下校。被災地にエールを送る看板が立つ通学路で、下級生を先導する久保山さん=福岡県朝倉市で2019年4月5日、青木絵美撮影

 <kyoiku no mado>

 4月5日昼、福岡県朝倉市の川沿いを下校する市立杷木小学校の子どもたちがいた。この日は新年度がスタート。「川に寄ったら危ないからね」。先頭を歩く5年の久保山夏葵(なつき)さん(10)は、下級生を気遣った。

 周囲を見渡すと、家屋を解体した後の更地が広がり、ガードレールは曲がったり途切れたりしている。2017年7月5日に起きた九州北部豪雨の爪痕。「怖くてめちゃくちゃ泣いてた」。久保山さんは豪雨を思い出し、つぶやいた。

 子どもたちの心に、あの日はどう刻まれているのか。市内の仮設住宅団地を訪れると、2年の青井心遥(こは…

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1080文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 山頂に沈む満月 令和初の「パール槍ケ岳」
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです