メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和の象徴へ

天皇陛下即位/4止 水問題、切り口に 新たな公務意欲

天皇陛下が1987年3月のネパール訪問の際に撮影された水くみ場に集まる女性や子どもたち

 天皇陛下は皇太子時代の2018年3月19日、ブラジルの首都ブラジリアで開かれた「第8回世界水フォーラム」に出席し、基調講演に臨まれた。

 「21世紀は水による繁栄、平和そして幸福の世紀であったと後世の人々に呼ばれるよう願っています。私も強い関心を持って見守っていきたい」。約30分に及んだ英語でのスピーチが終わると、約300人の水問題の専門家からの大きな拍手に包まれた。

 陛下は即位前から、上皇さまが築いた「平成流」を引き継ぐとともに「時代に即した新しい公務」への意欲を…

この記事は有料記事です。

残り1576文字(全文1811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです