メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和の象徴へ

天皇陛下即位/4止 水問題、切り口に 新たな公務意欲

天皇陛下が1987年3月のネパール訪問の際に撮影された水くみ場に集まる女性や子どもたち

 天皇陛下は皇太子時代の2018年3月19日、ブラジルの首都ブラジリアで開かれた「第8回世界水フォーラム」に出席し、基調講演に臨まれた。

 「21世紀は水による繁栄、平和そして幸福の世紀であったと後世の人々に呼ばれるよう願っています。私も強い関心を持って見守っていきたい」。約30分に及んだ英語でのスピーチが終わると、約300人の水問題の専門家からの大きな拍手に包まれた。

 陛下は即位前から、上皇さまが築いた「平成流」を引き継ぐとともに「時代に即した新しい公務」への意欲を…

この記事は有料記事です。

残り1576文字(全文1811文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 防災なるほドリ 帰れなくなったらどうしたらいいの?=回答・金森崇之

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです