メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち べんきょうし、先生に 無支援1年半越え夢

當房さんから日本語指導を受けるサロチャーさん(右)。質問に日本語で答えられると笑みがこぼれた=山口県下関市で3月(画像の一部を加工しています)

 公立学校(小中高と特別支援学校)に「日本語教育が必要」と判断されながら、「無支援状態」に置かれる外国籍児らが1万人以上いる問題では、日本語指導のために特別に配置される教員(加配教員)の少なさがクローズアップされた。少人数の外国籍児が分散して在籍する山口県下関市も加配教員が配置できず、タイから来た八代サロチャーさん(15)は、黒板の日本語を意味が分からないままノートに写し続けていた。【堀智行】

 「タイから来た中学生の娘がいます。日本語が話せず困っています」。2018年9月、下関市で外国人に日…

この記事は有料記事です。

残り1084文字(全文1332文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです