メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦 あすから第3局 豊島王手か、佐藤反撃か 西日本豪雨被災地の岡山・真備にサプライズ登場

「真備こども将棋教室」に登場し、子どもと握手をする佐藤天彦名人(右端)と挑戦者の豊島将之王位(右から3人目)=岡山県倉敷市真備町箭田で、益川量平撮影

 <大和証券>

 佐藤天彦(あまひこ)名人(31)に豊島将之王位(29)が挑戦し、豊島の2連勝で迎える第77期名人戦七番勝負第3局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、岡山県倉敷市、市文化振興財団地元主催)が7、8両日、倉敷市の市芸文館で指される。挑戦者が初の名人奪取に一気に王手をかけるか、先手番となる名人が反撃に転じるか。平成の終わりに開幕したシリーズは、時代をまたぎ、令…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです