米大統領「中国への追加関税2.5倍に」 協議譲歩へ「脅し」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ氏=AP
トランプ氏=AP

 【ワシントン中井正裕】トランプ米大統領は5日、貿易戦争収束に向けた米中通商協議の進捗(しんちょく)に不満を示し、2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品に対する追加関税を今月10日に現在の10%から25%に引き上げる意向を表明した。自身のツイッターに投稿した。米中両政府は8日からワシントンで閣僚級協議を開く予定。最終合意に向けた協議が大詰めを迎えつつあるなか、トランプ氏が追加関税率引き上げを材料に中国側に譲歩を迫った形だ。

 トランプ氏はツイッターで「中国が再交渉を試みるので、交渉が遅すぎる」と中国側の姿勢に不満を表明。米国に輸入される年2000億ドル相当の中国製品に対する追加関税率を25%に引き上げるほか、これまで追加関税を課していない3250億ドルの中国製品も「近いうちに関税率が25%になる」と投稿した。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文869文字)

あわせて読みたい

注目の特集