連休明けの子どもたちへ 「悩み、誰かに話して」「休んでもいい」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
尾木直樹さん
尾木直樹さん

 大型連休明けの通学は、進学や進級で環境が変わって間もないこともあり、子どもたちの心に負担がかかる可能性がある。代替わりがあった今年は10連休となり、例年よりも学校を休む期間が長くなった。「学校に行きたくない」と感じた時はどうすればよいのか。専門家は「焦らなくていい。無理は禁物で『休む』という選択肢もある」と話している。

 「学校むり」「本当に行きたくない」。連休の後半に差し掛かってからツイッター上には、休み明けの登校への不安を訴える投稿が目立ち始めた。内閣府が2015年にまとめた白書は夏休みや大型連休明けについて、「大きなプレッシャーが生じやすい」とした上で、「見守りの強化が効果的」と指摘している。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文877文字)

あわせて読みたい

注目の特集