メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「農業女子」が経営にプラス 推進プロジェクトに山形大農学部が参加

やまがた農業女子ネットワークのメンバーらに、将来について語る学生ら=鶴岡市で2019年4月16日、長南里香撮影

 農業経営に“女子力”を生かせ――。農林水産省が農業分野での女性の活躍を推進する「農業女子プロジェクト」に、東北の大学では初めて、山形大農学部(鶴岡市)が参加した。若い女性が目指す職業の選択肢に農業を加えることを目指す取り組みが、本格的に動き出す。【長南里香】

 農業に関わる女性が母校で講演するなど教育機関との連携を図っており、東北農政局によると、プロジェクトメンバーは現在、全国で740人。山形大農学部のほか、東京農大や近畿大など計7校は「パートナー校」となり、農業で活躍する女性を増やすために協力していく。

 山形大農学部では先月、プロジェクトの山形版「やまがた農業女子ネットワーク」のメンバー12人が、学生…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです