メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「農業女子」が経営にプラス 推進プロジェクトに山形大農学部が参加

やまがた農業女子ネットワークのメンバーらに、将来について語る学生ら=鶴岡市で2019年4月16日、長南里香撮影

 農業経営に“女子力”を生かせ――。農林水産省が農業分野での女性の活躍を推進する「農業女子プロジェクト」に、東北の大学では初めて、山形大農学部(鶴岡市)が参加した。若い女性が目指す職業の選択肢に農業を加えることを目指す取り組みが、本格的に動き出す。【長南里香】

 農業に関わる女性が母校で講演するなど教育機関との連携を図っており、東北農政局によると、プロジェクトメンバーは現在、全国で740人。山形大農学部のほか、東京農大や近畿大など計7校は「パートナー校」となり、農業で活躍する女性を増やすために協力していく。

 山形大農学部では先月、プロジェクトの山形版「やまがた農業女子ネットワーク」のメンバー12人が、学生約25人らと顔合わせした。今年2月に発足した同ネットワークにとっても、具体的な活動の一つ。地域の基幹産業である農業は担い手確保が待ったなしの状況の中で、女性が参画することの重要性を「先輩」たちが説いた。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです