男子は大原ら、女子は川合ら3回戦に サーフィン・ジャパンOP開幕

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
波を捉える中塩佳那=千葉県一宮町で2019年5月6日、喜屋武真之介撮影
波を捉える中塩佳那=千葉県一宮町で2019年5月6日、喜屋武真之介撮影

 9月に開催されるサーフィンのワールドゲームズ(WG)宮崎大会の代表選考会を兼ねたジャパンオープンが6日、来年の東京五輪で競技会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で開幕した。WGは世界選手権に相当する大会で、男子は昨年のWG日本代表の大原洋人や村上舜らが3回戦に進出。女子は同代表の川合美乃里や黒川日菜子らが3回戦に進んだ。男女の決勝は7日に行われる。

 今大会は東京五輪を見据えて新設され、プロを含む男女各16人が出場した。優勝者は東京五輪の各大陸予選を兼ねるWG宮崎大会の代表に内定する。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文702文字)

あわせて読みたい

注目の特集