メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

政策推進優先の科学に反省を 宗教学者・島薗進さん「原発事故の健康被害は未解明」

東京電力福島第1原発構内を視察する安倍晋三首相(手前)。(左から)2号機と3号機が見える=福島県大熊町、双葉町の東京電力福島第1原発で4月14日(代表撮影)

 東京電力福島第1原発事故による放射線被ばくの健康被害の影響は、8年あまりが経過した今も解明されていない。宗教学者として科学と倫理の在り方を問い続ける上智大教授の島薗進さんは「来年の東京五輪・パラリンピックを前に、政府の『もう原発事故は終わった』というイメージ作りに科学が利用されている」と警告する。【石塚孝志】

 福島第1原発の構内に、真剣な表情の安倍晋三首相が姿を見せた。4月14日に行われた5年7カ月ぶりの視…

この記事は有料記事です。

残り2842文字(全文3048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです