メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

政策推進優先の科学に反省を 宗教学者・島薗進さん「原発事故の健康被害は未解明」

東京電力福島第1原発構内を視察する安倍晋三首相(手前)。(左から)2号機と3号機が見える=福島県大熊町、双葉町の東京電力福島第1原発で4月14日(代表撮影)

 東京電力福島第1原発事故による放射線被ばくの健康被害の影響は、8年あまりが経過した今も解明されていない。宗教学者として科学と倫理の在り方を問い続ける上智大教授の島薗進さんは「来年の東京五輪・パラリンピックを前に、政府の『もう原発事故は終わった』というイメージ作りに科学が利用されている」と警告する。【石塚孝志】

 福島第1原発の構内に、真剣な表情の安倍晋三首相が姿を見せた。4月14日に行われた5年7カ月ぶりの視察。関係者を前に「前回視察をした際には、完全に防護服で身を固めなければなりませんでしたが、今回はこのスーツ姿で視察をすることができました」と、復興の進展と安全性をアピールした。

この記事は有料記事です。

残り2754文字(全文3048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  4. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  5. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです