連載

Interview

映像や舞台、音楽、文学などで活躍する人に作品への思いをインタビュー。新たな一面がのぞくかも。

連載一覧

Interview

水谷豊 葛藤を掘り下げ 監督2作目映画「轢き逃げ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
映画「轢き逃げ -最高の最悪な日-」を監督した水谷豊=小林祥晃撮影
映画「轢き逃げ -最高の最悪な日-」を監督した水谷豊=小林祥晃撮影

 仕上がった作品を見て「本当に自分で作ったのか」と不思議な感覚になった。「もちろん自分で作ったんですよ。でも、もう一度同じことをやれと言われたら、できるかなあ。演技でもそうなのですが、僕の場合、追い詰められると何かがどこからか出てくるみたいです」

 10日公開の映画「轢(ひ)き逃げ -最高の最悪な日-」を監督した。2017年に老タップダンサーとスターを目指す若者を描いた「TAP-THE LAST SHOW」に続く監督第2作だ。

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1020文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集