メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Interview

水谷豊 葛藤を掘り下げ 監督2作目映画「轢き逃げ」

映画「轢き逃げ -最高の最悪な日-」を監督した水谷豊=小林祥晃撮影

 仕上がった作品を見て「本当に自分で作ったのか」と不思議な感覚になった。「もちろん自分で作ったんですよ。でも、もう一度同じことをやれと言われたら、できるかなあ。演技でもそうなのですが、僕の場合、追い詰められると何かがどこからか出てくるみたいです」

 10日公開の映画「轢(ひ)き逃げ -最高の最悪な日-」を監督した。2017年に老タップダンサーとスターを目指す若者を描いた「TAP-THE LAST SHOW」に続く監督第2作だ。

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1020文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

  4. 立花N国党首vs高須院長が「ニコ生」で大激論 爆問・太田に飛び火も(スポニチ)

  5. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです