バレーボール

黒鷲旗全日本男女選抜大会 男子、サントリー復活V 女子、東レ9年ぶり

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【サントリー3-1パナソニック】第4セット、スパイクを決めるサントリーの米山=猪飼健史撮影
【サントリー3-1パナソニック】第4セット、スパイクを決めるサントリーの米山=猪飼健史撮影

最終日(主催 毎日新聞社、日本バレーボール協会)

 最終日の6日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で男女決勝が行われ、男子は、サントリー(大阪)が2連覇を狙ったパナソニック(大阪)を振り切り、4年ぶり8回目の頂点に立った。女子は、東レ(滋賀)が初優勝がかかる日立(茨城)にストレート勝ちし、9年ぶり5回目の黒鷲旗を手にした。

 最高殊勲選手に贈られる黒鷲賞は、男子がムセルスキー(サントリー)、女子はクラン(東レ)がそれぞれ初受賞。最優秀新人賞の若鷲賞には、男子が大塚達宣(早大)、女子は石川真佑(東レ)が選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り1749文字(全文2012文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集