メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GW

10連休終了 もう少し休んでいいよ 登校不安な子どもたちへ 専門家助言

1年生に連休中の過ごし方や今日の気持ちを尋ね「無理をしないで少しずつ慣れて」と呼びかける石倉都教諭=東京都新宿区西落合4の区立落合第六小学校で7日午前8時49分

 代替わりに伴う10連休が、7日に明けた。進学や進級で環境が変わって間もないこともあり、連休明けは子どもたちの心に負担がかかる可能性がある。「学校に行きたくない」と感じた時はどうすればよいのか。専門家は「焦らなくていい。無理は禁物で『休む』という選択肢もある」と話している。【水戸健一】

 「学校むり」「本当に行きたくない」。10連休の後半に差し掛かると、ツイッター上には休み明けの登校への不安を訴える投稿が目立ち始めた。内閣府が2015年にまとめた白書は夏休みや大型連休明けについて「大きなプレッシャーが生じやすい」とした上で、「見守りの強化が効果的」と指摘している。

 18歳までの子どもの悩みを聞くNPO法人「チャイルドライン支援センター」(東京都)は、ホームページで子どもたちに対して「お休みで生活リズムが乱れて、学校に行くのがめんどくさくなったり不安になってしまったりするかもしれません」「どんな小さなことも一人で考えていると、だんだん心が固くなってしまいます。そうなる前に誰かに話してみてほしいです」と呼びかけている。

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 自宅療養中コロナ死21人 7人は入院先決まらず待機中 症状急に悪化

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです