メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GW

10連休終了 もう少し休んでいいよ 登校不安な子どもたちへ 専門家助言

1年生に連休中の過ごし方や今日の気持ちを尋ね「無理をしないで少しずつ慣れて」と呼びかける石倉都教諭=東京都新宿区西落合4の区立落合第六小学校で7日午前8時49分

 代替わりに伴う10連休が、7日に明けた。進学や進級で環境が変わって間もないこともあり、連休明けは子どもたちの心に負担がかかる可能性がある。「学校に行きたくない」と感じた時はどうすればよいのか。専門家は「焦らなくていい。無理は禁物で『休む』という選択肢もある」と話している。【水戸健一】

 「学校むり」「本当に行きたくない」。10連休の後半に差し掛かると、ツイッター上には休み明けの登校への不安を訴える投稿が目立ち始めた。内閣府が2015年にまとめた白書は夏休みや大型連休明けについて「大きなプレッシャーが生じやすい」とした上で、「見守りの強化が効果的」と指摘している。

 18歳までの子どもの悩みを聞くNPO法人「チャイルドライン支援センター」(東京都)は、ホームページ…

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです