メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

第14講 ワサビ ツンと香る、水の恵み

(手前から時計回りに)葉ワサビのかき揚げ、サワラのワサビかす漬け、細巻き、おひたし、レンコンまんじゅう

 刺し身に欠かせないワサビは、伊豆半島と日本列島の衝突のたまものだそうだ。今回も和食の名脇役に光を当てながら、日本列島の成り立ちとの関わりを探ります。

 ワサビの歴史は古く、奈良時代から珍重されていた。栽培が始まったのは約400年前。静岡の村で、自生しているワサビを沢に移植した。これを駿府に隠居していた徳川家康が食していたく気に入り、門外不出とした。山葵と表記するワサビが、徳川家の葵(あおい)の紋と通じていたからかどうかは知らないが。すしに使うようになったのは江戸時代末期の文政時代というから、意外と新しい。

この記事は有料記事です。

残り2242文字(全文2497文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです