メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想「ゼロベースで見直し」公明、反対姿勢後退

土岐恭生・公明党大阪市議団幹事長=加古信志撮影

 公明党大阪市議団の土岐恭生幹事長は7日、大阪府知事・大阪市長のダブル選と統一地方選の結果を受けて、大阪市を廃止し、特別区を設置する「大阪都構想」について「構想への賛否を含めてゼロベースで見直すことも検討する」と表明した。これまで公明は都構想に反対してきたが、府議団とも協議し、都構想の制度設計を議論する法定協議会が再開される今夏までに府本部としての方針をまとめるという。

 公明党府本部は、「住民サービス低下の懸念がある」などとして都構想と、時期ありきの住民投票には一貫し…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです