メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

データ革命

運動、睡眠…健康データから広がるサービス 端末から直接集積

モフの計測バンドを着けて運動する高齢者。タブレット端末の画面には動作の手本だけでなく、実際にどれくらい腕が上がったかも表示される=埼玉県深谷市で2019年3月、岡大介撮影

 インターネット上や生活の場で得られる膨大なデータが新しい価値を生み出す「データ経済」が注目されている。データは私たちの生活をどう変えるのか。米IT大手が席巻する中、日本に勝機はあるのか。データの活用が進む現場から探った。

 埼玉県深谷市の介護リハビリ施設「うちリハ深谷中山道店」で、高齢者がタブレット端末の画面を見ながら腕や足を伸ばしていた。通常の体操と違うのは、腕や足にベンチャー企業「モフ」(東京都)が開発した計測バンドを着けていることだ。画面には体操の手本の映像だけでなく、腕や足を動かした角度などもリアルタイムで表示されるため、正しい動作が身に着く。須永幸子さん(79)は「実際にどれくらい動いたか、自分で分かるので楽しいわね」と笑顔を見せた。

 このデータは施設を通じて同意を得た上でモフが蓄積し、身体機能の改善につながった動きなどを分析、より…

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1395文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  3. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 屋久島豪雨「命の危険感じた」 車中で一夜、下山の男性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです