メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

データ革命

日本「リアルデータ」で勝機探る GAFA含め争奪戦始まる

ベッドマットの下に端末を差し込むニューロスペースの小林孝徳社長。体に接触することなく睡眠データを集めることができる=東京都墨田区で2019年2月、岡大介撮影

 「成長のエンジンは、もはやガソリンではなくデジタルデータで回っている」。安倍晋三首相は1月、スイス・ダボスでこう演説し、経済成長のけん引役としてデータの重要性が高まっていることを強調した。データが経済や社会に与える影響について、官民の注目は高まる一方だ。

 データの世界でGAFAが圧倒的な存在感を持つのが、インターネット上の検索や通販の購買、SNSの反応などから得られる「バーチャル(仮想)データ」だ。ネット検索エンジンでの世界シェア(市場占有率)が92・9%に達するグーグルなど、GAFAがほぼ独占状態となっている分野もあり、もはや「勝負あり」と言える状況だ。

 これに対し、争奪戦が本格化しつつあるのが実際の生活の場などで得られる「リアル(現実)データ」で、健…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです