メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易戦争 トランプ氏なぜ中国に「強硬」? 経済好調、収束急がず 弱腰批判かわす狙い

ライトハイザー米通商代表部代表=AP

 【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】トランプ米政権が対中制裁強化を表明したことで、収束の期待が高まっていた米中貿易戦争の先行きは一気に不透明になった。両国は9日、ワシントンで閣僚級による通商協議を再開するが、歩み寄りが見られなければ、互いに制裁・報復措置を掛け合う泥沼の事態に突入しかねない。世界経済にとってのリスクは高まっている。

 「中国は約束を後退させた。受け入れることはできない」。米国の交渉責任者を務めるライトハイザー通商代表部(USTR)代表は6日、制裁強化の責任は中国側にあると強調した。

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  5. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです