メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/13 パリでの遭遇 詩人としての美術批評

 大岡信は1963(昭和38)年春、10年勤めた読売新聞社を退職する。新聞以外での執筆が増え、「身の振り方をはっきり決めないと、二足の草鞋(わらじ)を履いて、虻(あぶ)蜂取らずになるかもしれない」と感じ始めていたのが理由だった(『大岡信著作集 第11巻』巻末談話)。

 当時32歳で、幼子2人を抱えての定職からの離脱は無謀とも見える。しかし本人もそうだが、妻かね子さんにもあまり動じた様子はない。辞表を出す前、「素寒貧になってもいいかい?」「今だって素寒貧じゃないの」という、後に書かれた(「満十年目の喜劇」、『青き麦萌(も)ゆ』所収)通りのやり取りがあったことを、かね子さんから聞いた。

 ますます精力的に詩や評論を発表する中で、同年秋、ヨーロッパへ渡る機会を得る。パリ青年ビエンナーレの…

この記事は有料記事です。

残り1422文字(全文1765文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです