メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/5 岩手・八幡平 ルワンダの自転車など

 西に奥羽山脈の山々が連なり、南端に岩手山(標高2038メートル)がそびえる岩手県八幡平市。この春、ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で、地元出身の小林陵侑(りょうゆう)選手(22)が日本人初の個人総合優勝を果たし、市民は歓喜に沸いた。

 その八幡平市が2020年東京五輪・パラリンピックのホストタウンとして受け入れるのは、アフリカのルワンダ。出場が有力視される自転車ロードレースとビーチバレー、陸上長距離の選手団21人は今年7月から約1カ月間、事前合宿を予定している。

 ホストタウン事業を担当する市地域振興課課長補佐の東本茂樹さん(48)は今年2月、受け入れ準備のためルワンダを訪問。現地の担当者と打ち合わせを重ねた。この春以降、事前合宿の日程が決まらないなか宿泊施設を仮押さえするなど苦労は少なくないが、外国人観光客に人気で言語対応などが充実した安比高原での受け入れ準備を進めている。自転車ロードの練習コースは本番と標高差が似ていることから、東本さんは「充実した練習…

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです