メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書籍化

おばあちゃんの人生相談が本に 片品の須藤さん、雑誌の人気コーナー「いーからかん」が魅力 /群馬

自宅の縁側でおしゃべりに花を咲かせる須藤カヲルさん(中央)=群馬県片品村で

 「おせちを作りたいけれど料理が下手」という相談には「お重に入れればそれっぽくなる」。老いへの不安には「シワは人生の勲章だ」--。読者から寄せられるさまざまな悩みに、片品村のおばあちゃんが独特の感性で“ゆる~く”答える雑誌の人気コーナーが4月に書籍化された。主人公は「いいかげん」を意味する地元の言葉、「いーからかん」が口癖の須藤カヲルさん(92)で、本を執筆・編集したのはカヲルさんの生き方に憧れる女性3人組。カヲルさんは「いーからかんで思いついたことを話したことが本になるなんて不思議。みんなも飾り付けないで自分の言葉で考えたらいい」と語る。【西銘研志郎】

 出版されたのは「片品村のカヲルさん 人生はいーからかん」(ヘウレーカ)。スローライフな生き方を提案する農業系雑誌「季刊うかたま」(農文協)で、カヲルさんが人生相談に回答するコーナーを書籍化したもの。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです