メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和へ駆ける

新元号ゆかりの地 新時代、万葉集味わう 稲美の日本庭園、歌碑や陶板に注目 /兵庫

いなみ野万葉の森に新たに設置された碑。新元号ゆかりの序文が刻まれている=兵庫県稲美町国安で同町提供

 新元号「令和」の出典元となった「万葉集」ゆかりの地は県内にもある。新しい時代の訪れを祝うとともに、新しい記念碑を建てて万葉集を味わったり、まちづくりに生かしたりする動きが各地で活発になっている。

 稲美町国安の日本庭園「いなみ野万葉の森」には、もともと万葉集の六つの歌碑や約50個の陶板が設置されていた。令和の典拠となった「初春の令月にして」で始まる序文とほぼ同じ文が記された陶板もある。今年4月に新元号が発表されると、にわかに注目を集めた。1日20~30人だった来場者数は多い日で300人を数える。

 今月1日には、新しい記念碑=写真上・稲美町提供=の除幕式があった。令和の典拠となった「梅花の歌三十…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文885文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 拳銃強奪容疑者、電車で逃走図る ICカード不具合で入れず
  4. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです