メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丸山知事

初登庁 「人口減、歯止めかける」 就任式で宣言 /島根

笑顔で初登庁した丸山達也新島根県知事(左)=根岸愛実撮影

 10連休中の4月30日に着任した丸山達也新知事が7日、初登庁し、県庁玄関で職員ら約450人が拍手で迎えた。就任式では「人口減少に歯止めをかける、この大方針を県政の真ん中に置いて全力で取り組む」と宣言。また「既存の事務事業、仕事量を減らしながら新しい政策を進めていくことが必要」と財政の厳しさも語った。

 記者会見では、知事選で丸山氏側と対立した国会議員や首長との溝について「県民の生活を向上させる目標は同じ。相互理解を得られると楽観している」と話した。選挙戦は野党県議も協力したが、原発へのスタンスについては「推薦をいただいた中で再稼働を直ちに停止するという方針の組織はない」と述べ、反原発ではないことを強調した。

この記事は有料記事です。

残り90文字(全文397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです