メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河野浅八

昭和初期、国際的に活躍 宇城市で写真展 熊本地震で3年越しの開催 /熊本

英国のロイヤルサロンで第1席に選ばれた「池の幻想」(左端)など河野の作品67点が並ぶ会場=熊本県宇城市で、福岡賢正撮影

 昭和初期に国際的に活躍した熊本県宇城市出身の写真家、河野浅八(こうのあさはち)の写真展が同市の市不知火(しらぬい)美術館で開かれている。当初は河野の生誕140年に合わせて2016年4月に開幕する予定だったが、直前の熊本地震で同館が被災し延期を余儀なくされ3年越しの開催にこぎつけた。

 河野は1876年生まれ。97年に単身渡米し、写真材料店を営みながら…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです